ゴルフレッスン

武市プロ直伝ツイスト打法!力がなくても誰でも飛ばせる!?あと100ヤードは伸ばせるよッ

奇跡の飛ばし技 ツイスト打法 3つのお約束

週刊ゴルフダイジェストで飛ばし屋プロとしておなじみになりつつある、所属プロの武市悦宏によるレッスンが当ゴルフ場にて開催中。武市プロが独自に編み出した飛ばし理論『ツイスト打法』を手にすれば、誰もが人生最高の飛びを得られるという。そのツイスト打法のさわり部分を紹介します!

その1:タメない

ダウンスウィングで右ひじを体にくっつけて、タメを作ったほうが飛ぶって思っている人が多いですけど逆です。ダウンでは右腕を伸ばさないと振り遅れちゃうから速く振れませんよ。だからタメていいのはお金だけ、ってウソです(><)

ダラダラに脱力して構えてね→体重移動せずに振り上げよう→右腕を伸ばそう ※タメを作ろうとすると振り遅れる

スウィング中は体重移動など考えずに振る。トップからは、体がターゲットと逆方向を向きながら右腕を伸ばす感覚で右腕をビュッと伸ばすだけ

その2:手を返す

みんなガッチリ手首を固定して返さないで打っているけど、それでどうやって飛ばすのかな~(^-) 手首をこねるのはよくないけど、たとえるなら『ハンドルを左に切る』ような動きができればベストだね

ハンドルを左折する感覚だよッ ※手の返しが遅いと手元が先行して振り遅れるためボールに力を伝えられない

右腕を伸ばすと同じタイミングで手を返してフェースターンさせる。このとき腰を回転すると振り遅れてしまうので注意しよう

その3:ベタ足で振る

下半身を使って振るっていうと、腰を回転させることだと思ってる人が多いけど違うんだよね~。逆にベタ足で踏ん張ってるほうが、下半身を使ってると思わない? ツイストはさらに腰を逆方向に力を加えることで爆発的な力が生まれる打ち方なんで、ベタ足で振ることがツイストの大前提なんです

下半身を踏んばろう(1ミリも下半身を動かさないで打ってみて。意外と飛んじゃうのがわかるから) ※

フォローの右足の踏ん張りに注目してね♪

体重移動はまったく考えてないし、ダウンでタメができているように見えるけど、なんどもいうように、ボクは右腕を伸ばして打っています。要は振り遅れが飛ばない原因なので、いかに体の正面で打てるかがポイントです。ツイスト打法を覚えるにはまず上の3つを理解してもらえれば、プラス100ヤードの道が拓けること間違いなしですよ!

  • ゴルフラボ