コース案内

杉原輝雄の監修による自然の魅力が息づくドラマチックな18の舞台

  • OUT Course
  • IN Course

豪快なショットの歓びと、ボールコントロールのスリル。雄大な眺望を楽しみながらダイナミックに攻めるアウトコースは、ゴルフの醍醐味がいっぱいです。

1番ホール

Par.5

A Green

Back:472y
Regular:460y
Front:445y
Lady’s:390y

B Green

Back:452y
Regular:440y
Front:425y
Lady’s:370y

距離が短く
バーディが狙えるパー5

ティグラウンドからグリーンまではやや打ち上げになっているが距離は短い。ティショットの落下地点になるフェアウェイバンカーから左は、OBまで浅いのでやや右に打ち出したい

いっつも気合入れてマン振り。でも朝イチだけにちゃんと当たった試しがありゃせん。だいたい右のラフにいくけど、そこでOK。2打目は打ち上げの距離ちゃんと足してね

2番ホール

Par.4

A Green

Back:464y
Regular:445y
Front:390y
Lady’s:370y

B Green

Back:443y
Regular:424y
Front:369y
Lady’s:349y

セカンドの番手選びが
カギになる難易度の高いパー4

距離のあるパー4だがフェアウェイは広め。グリーン右サイドは谷になっているので、番手選びには要注意。

このホールは長いからセカンドで距離が残る。だから無理にグリーンを狙うと右の谷底にGoodbye。無理せず短い番手で手前に刻むのが正解だわ

3番ホール

Par.4

A Green

Back:404y
Regular:382y
Front:367y
Lady’s:351y

B Green

Back:393y
Regular:371y
Front:356y
Lady’s:340y

ショートカットが狙える
直角ドッグレッグ

ティショットが谷越えのパー4。200ヤード先のフラッグが狙い目。距離が短くバーディも狙える。グリーンが奥に傾斜しているためセカンドショットの精度が求められる

200ヤード打てば問題ナシ。だけど、ボクは1オン(笑)。高い球で280ヤードをキャリーで打てればだいたい乗るよ!

4番ホール

Par.4

A Green

Back:428y
Regular:406y
Front:386y
Lady’s:372y

B Green

Back:402y
Regular:380y
Front:360y
Lady’s:346y

やや打ち上げの
右サイドが広いパー4

やや打ち上げのパー4。カート道より左がOBなのでティショットは注意が必要。バンカーやOBがないフェアウェイ右サイドが狙い目。グリーンがおわん型なので、直接ピンを狙うとグリーンをこぼすのでグリーンセンター狙いがベスト

普通は右に打っておけば問題はないけど、飛ばし自慢のあなたなら左バンカー上からドローで狙ってみて♡ すっごいところまで飛んでいくから!

5番ホール

Par.4

A Green

Back:325y
Regular:312y
Front:312y
Lady’s:298y

B Green

Back:318y
Regular:305y
Front:305y
Lady’s:291y

確実に刻みたいが
1オンも狙える

距離の短いパー4。左のフェアウェイバンカーに入れるとセカンドの距離感が難しくなるので確実にフェアウェイをキープしたい。グリーンは2段になっており、セカンドはピンと同じ段に乗ればバーディチャンスだ

ボクのなかではここはパー3(^^) ティグラウンドで「グリーン空くまで待ちます」って言えたらモノホンの飛ばし屋だね。刻む場合はミドルアイアンでOKだよ

6番ホール

Par.3

A Green

Back:158y
Regular:130y
Front:120y
Lady’s:109y

B Green

Back:138y
Regular:110y
Front:100y
Lady’s:95y

見晴らしのよい
距離の短いパー3

距離が短くティグラウンドからグリーンまではほぼフラットなので、番手の選択を間違えなければ確実にワンオンできる

コースのなかでいちばん標高が高いもんで、風がでら舞いとるんだわ。それが読めればバーディ間違いなしやね! 僕はいっつも茶店でアイス食べて集中力アップさせとるよ

7番ホール

Par.4

A Green

Back:407y
Regular:398y
Front:383y
Lady’s:358y

B Green

Back:396y
Regular:387y
Front:372y
Lady’s:347y

飛ばし屋の挑戦を
待ち受けるドッグレッグ

左にドッグレッグしているパー4。ティショットは200ヤード先のフラッグ狙い。フェアウェイバンカーを越えるとOBの危険もある。グリーンは奥から速いので、手前から攻めるのが正解

男なら狙いたいよね1オン! 左の林の上を越える高さを出して300ヤード打てれば乗るかもよ。普通はフラッグをねらうけどね(笑)

8番ホール

Par.3

A Green

Back:193y
Regular:155y
Front:155y
Lady’s:145y

B Green

Back:168y
Regular:136y
Front:132y
Lady’s:126y

風の読みが
ワンオンの決め手に

グリーンまで打ち下ろしのパー3。グリーン左側が谷になっているので要注意。風の影響を受けやすいので番手の選択は慎重に選びたい

打ち下ろしだから、風の影響を受けやすいの。さらに若干狭めだから、そんなときは指2本ぶん短く握ってハーフトップに打てばニアピンをゲットだぜ!

9番ホール

Par.5

A Green

Back:601y
Regular:577y
Front:506y
Lady’s:461y

B Green

Back:586y
Regular:562y
Front:491y
Lady’s:446y

名物の岩が出迎える
なだらかに打ち下ろしのパー5

やや距離のあるパー5。ティショットはやや左狙い。右の谷は2段になっており、1段目で止まればセーフだが、これを超えるとOBの可能性がある。セカンドショットも左狙いだが岩の付近にあるOBには注意したい

スタートの時に見える岩がこの9番なんだよ。もし、9番にきてこの岩に気がつかなかったら”でら”テンパっている証拠だわ(><)

美しい自然が多彩な表現をみせるインコース。池やバンカーの罠さえ魅力的な華麗な舞台で、緻密な戦略を練る楽しさは格別です。

10番ホール

Par.4

A Green

Back:390y
Regular:376y
Front:355y
Lady’s:334y

B Green

Back:376y
Regular:362y
Front:341y
Lady’s:320y

セカンド地点にある
右サイドの谷に注意

やや右ドッグレッグのパー4。右サイドにあるフェアウェイバンカーより奥はOBなので、ティショットはフラッグの左が狙い目。奥行きのあるグリーンなので、セカンドはやや大きめの番手で攻めよう

右のバンカーから右がOBだから、その近辺にナイスショットしてもカート道で跳ねたりしてアウト。もし、どチーピンが出ても意外といい場所にいくんだわ

11番ホール

Par.4

A Green

Back:391y
Regular:381y
Front:361y
Lady’s:346y

B Green

Back:357y
Regular:347y
Front:327y
Lady’s:312y

セカンドが打ち下ろしの
左ドッグレッグ

やや左にドッグレッグするパー4。残り100ヤード地点から下りになるので、ティショットはフェアウェイ右サイドにあるフラッグを狙いたい。セカンドショットは下りをしっかり考慮して正確な番手選びを心がけたい。

ここティグラウンド立つと一瞬、右ドッグに見えるけど実は左ドッグレッグ。セカンド地点から下っているからティショットをフックで攻めるとグリーン近くまでいくかもよ

12番ホール

Par.4

A Green

Back:372y
Regular:340y
Front:325y
Lady’s:297y

B Green

Back:366y
Regular:334y
Front:319y
Lady’s:291y

なだらかに
打ち上げていくパー4

真っすぐなやや上りのパー4。両サイドにOBがあるがフェアウェイの右は斜面になっているので、ティショットは右サイドが狙い目。グリーン奥からは速いので手前から攻めていきたい。

左右OBだけど、実は右にいってもほとんど出てくるんだわ。スライサーの人は安心してブッ叩いてちょうだいな!

13番ホール

Par.4

A Green

Back:388y
Regular:375y
Front:360y
Lady’s:330y

B Green

Back:373y
Regular:360y
Front:345y
Lady’s:315y

景観の美しい
打ち下ろしの名物ホール

2本のクリークが流れる打ち下ろしのパー4。左サイドにもクリークが流れているため、ティショットはセンターやや右狙いで攻めたい

一番フェアウェイが広くなっている200ヤード地点に刻むのがベスト。グリーン手前はクリーク方向に下っているので、キャリーでグリーンに乗る番手で打とう

14番ホール

Par.3

A Green

Back:186y
Regular:170y
Front:150y
Lady’s:127y

B Green

Back:141y
Regular:126y
Front:111y
Lady’s:91y

グリーンに
マウンドがあるパー3

やや打ち下ろしのパー3。グリーンセンターに大きなマウンドがあり、ピンポジションによって乗せどころ次第では3パットの危険もある。

ぎふ美濃イチ、グリーンが難しいホール。ここを攻略するには、ピン位置が右なら右サイドに、ピンが左なら左サイドに外すと上りのラインが残るから、意外とパーが取りやすいんだよ

15番ホール

Par.4

A Green

Back:367y
Regular:338y
Front:329y
Lady’s:301y

B Green

Back:349y
Regular:320y
Front:311y
Lady’s:283y

正確なショットが
要求されるパー4

距離の短いパー4。ティショット、セカンドショットともに左右がOBなので方向性を要求される。ティショットは距離を落としてでも確実にフェアウェイに運べる番手を選びたい。やや打ち上げているのでセカンドはしっかり目に

ぎふ美濃のアーメンコーナー。左右OB難易度高く“クラチャン殺しのパー4”って呼ばれてとる。真っすぐ打つのは難しいからボクはあえて右から大きく曲げて攻めてるよ

16番ホール

Par.5

A Green

Back:522y
Regular:512y
Front:487y
Lady’s:441y

B Green

Back:519y
Regular:509y
Front:484y
Lady’s:438y

正面のバンカーを避け
左サイド狙いで

左ドッグレッグのパー5。ティショットは左の山すそ狙いで2オンも可能。正面に見えるバンカーより奥はOB。セカンドは右にOBになりやすいので、左から攻めるとよい

正面のバンカーに向かってナイスショットしたら危険。万が一カート道にでも跳ねようものなら即OB。ツイスト打法で左サイドにドローが打てれば2オンも狙えるよ!

17番ホール

Par.3

A Green

Back:212y
Regular:186y
Front:164y
Lady’s:136y

B Green

Back:193y
Regular:165y
Front:143y
Lady’s:119y

やや打ち上げの
難易度の高いパー3

距離もあり難易度の高いパー3。一見わかりずらいが、やや打ち上げになっているため、一番手大きめのクラブで打つとピッタリだ

このパー3はでら難しいで、僕でも1オン狙わんもん。グリーンとサブグリーンの間に落として寄せワンが正解。ティショット打つ前からアプローチのクラブ持っていくよ、ボクはね(笑)

18番ホール

Par.5

A Green

Back:579y
Regular:569y
Front:559y
Lady’s:468y

B Green

Back:569y
Regular:559y
Front:549y
Lady’s:458y

戦略性の高いパー5だが
ティショットは豪快に打てる

やや距離のあるパー5だが、ティショットをフェアウェイに運べれば、セカンドは打ち下ろしになり距離がかせげる。残り80ヤード地点からさらに下り坂になるので残り100ヤード地点に刻んだほうが安全

フラッグの先から打ち下ろしになっとるもんで、ティショットで球の落ち際が見えなければでら飛んどるよ。セカンドでトップしても”でら”転がっていくで、思いっきり振り切っちゃって!!

  • コース選択に戻る

ローカルルール

  • アウト・オブ・バウンズ(OB)の境界は、白杭をもって標示する。
  • 修理地は、青杭または白線をもってその境界を標示する。
  • コース内の水域はすべて、ラテラル・ウォーター・ハザードとして、赤杭または赤線をもってその境界を標示する。
  • すべての排水溝は、修理地扱いとする。
  • コース内に設置されたすべての人工の構築物は、動かすことのできない障害物とする。舗装された道路、ワイヤー、マンホール、橋、給散水施設、樹木の支柱、階段、固定席、目土容器、表示板、法面保護のための石垣および枕木等。
    ※本ルールに適用のない事項は、すべて日本ゴルフ協会ゴルフ規則による。
    備考:ローカル・ルールの追加、及び訂正は、クラブハウス内に掲示すると同時に、その効果が発生する。

※本ルールに適用のない事項は、すべて日本ゴルフ協会ゴルフ規則による。
備考:ローカル・ルールの追加、及び訂正は、クラブハウス内に掲示すると同時に、その効果が発生する。

コースレート

〔Aグリーン〕 バックティ 72.6 / レギュラーティ 70.7 / フロントティ 68.8 / レディスティ 72.1

〔Bグリーン〕 バックティ 70.9 / レギュラーティ 69.0 / フロントティ 67.3 / レディスティ 70.4